弁護士体験談

トップページ > 法律事務所でのアルバイト体験

法律事務所でのアルバイト体験


30年ほど前になりますが、法律事務所でアルバイトを3年ほどしていました。
当時法学部の学生だったので、同じ学部の友人の実家が経営している会社の顧問弁護士が法学部の生徒のアルバイトを探しているということで依頼があり、すぐ引き受けました。
合同法律事務所から独立したばかりの弁護士で、初めての法律事務所経営でした。

合同法律事務所には何人もの弁護士がいて、依頼のふりわけがありますが、個人の法律事務所はすべて1人の弁護士でおこないます。
アルバイトの仕事は慣れてくるまでは、電話応対と接客、お茶出しなどの一般事務です。
電話応対も弁護士につなぐことと、弁護士の留守中にかかってきた電話の記録をとることなど簡単な内容でした。

朝、机の拭き掃除に始まり、留守番をして、弁護士から頼まれる簡単なおつかいに出かけることぐらいでした。
慣れてくると、アルバイトの内容が少しずつ専門的になってきます。
今ではパソコンがありますが、当時訴状は弁護士が下書きしたものを、手書きにしたり、タイプライターで一文字ずつ打っていました。
全く使用経験がなかったのですが少しずつ練習した結果、時間はかかりましたが訴状が作れるようになりました。

その訴状を提出しに裁判所へもいきました。訴状として完成させるための手続きがいろいろあります。
マニュアルにそって間違えないよう注意しながら行います。内容証明も頻繁に作成して送りました。
これも文字数や割り印、印紙など複雑な決まりがあります。

間違えると郵便局で受け付けられません。他にも裁判記録の謄本を裁判所内にとりに行ったりなど日常的ではない体験をたくさんしました。
法律事務所の事務員として、法廷へ期日変更を伝えにいくこともしました。
その後信販会社に就職し、住宅ローンの部署に配属されました。
返済が滞り差し押さえになった物件の競売手続きに関連した用事で裁判所にいくことがありましたが、学生時代のアルバイト体験が役に立ち、裁判所の内容に詳しかったので便利でした。

2013.10.17
海外の「ヘンな法律」を更新しました。
2013.10.11
借金の相談は法律事務所へを更新しました。
2013.10.03
法律事務所には株式会社という形態はないを更新しました。
2013.10.01
法律事務所の質の見極め方を更新しました。
2013.09.26
債務整理の相談は法律事務所へを更新しました。
2013.09.19
色々な弁護士のいる法律事務所を更新しました。
2013.07.26
ジャカルタ(インドネシア)の法律事務所を更新しました。
2013.06.28
サイトをアップしました。